2022-05-19

うれしいけど、脱毛どうする? 妊娠中の脱毛について

ご自身の妊娠を知ることは、人生のなかでも1、2を争うほどうれしい出来事のひとつ。
これから出産という大イベントが待ち構えているとなると、つい気がはやってしまうものです。しかし、脱毛に通っているときに妊娠したらどうなる?という疑問もあるのではないでしょうか。

そこで今回は「脱毛と妊娠」について、くわしくご紹介します。

 

妊娠中は脱毛に通えないその理由は?

まず結論から言うと、妊娠をすると脱毛に通うことはできなくなります。
ここでは妊娠中に脱毛できない理由について説明させていただきます。

 

・ホルモンバランスが乱れて、効果が正常にあらわれない可能性がある

生理中は肌荒れしやすくなることが良く知られていますが、妊娠中も同じようにホルモンバランスが通常とは異なる状態になります。そのため、普段は効果があらわれる脱毛の光も効きにくくなったり、肌が丈夫な方でも急に敏感肌の症状が出たりする可能性があります。
必ずしも悪影響があるとは言い切れませんが、念のため脱毛の施術はほぼすべてのサロンにおいて「ご遠慮ください」ということになっているのです。

 

・妊娠中は産毛が濃くなって脱毛が効かない

「妊娠したら急に産毛が剛毛になった」という話を聞いたことは無いでしょうか。迷信めいた話のように思われがちですが、実はこれは本当のことです。
毛が濃くなっていることでサロンによる脱毛の効果が薄れ、施術したにも関わらず効果の出なかった事例も数多くあります。

 

・施術で使うジェルやケア用品にかぶれることも

サロンにおいて施術前に塗布するジェルやアフターケア用のローションやパックが妊娠による体質の変化によるかぶれなど肌トラブルに繋がる事例も報告されています。
出産を経て授乳期を過ぎれば元の体質に戻ることもありますので、その後脱毛を再開して頂きます。

 

脱毛の光は妊娠中において有害なのか?

妊娠中の脱毛はご遠慮ください、ということは脱毛の光は妊娠中の身体にとって有害なのかと思うこともありますが、そんなことはありません。実際、妊娠初期に妊娠に気づかず施術を受けてしまうこともありますが、それが理由でご本人の身体や胎児に影響があったというケースはありません。
あくまでホルモンバランスの乱れによる肌トラブルなどを防止する為ですので、ご安心ください。

 

脱毛中に妊娠がわかったら、サロンはどう対応してくれる?

脱毛を契約中に妊娠がわかったらどうしたら良いのか、ここでは妊娠がわかったときのサロンでの行動についてご説明させていただきます。

 

・期間中に妊娠したら、まずは“報告”!

妊娠がわかり次第、なるべく早くサロンに伝えましょう。
まず、お祝いの言葉をかけてくれることは間違い無い筈です。その後、施術の休止に関する説明が行われます。コースを契約し、その代金を全額払っている方の場合は一旦コースを休止し、再開時期が来たら(おもに出産を経て授乳期が終わったら)再び施術を受けられるように対処してくれます。

 

・妊娠してやむを得ず解約する場合、手数料は?

もし妊娠したら、サロンでは休止と再開について手続きを行ってくれます。しかし、さまざまな事情で脱毛を諦めることになり、解約しなければならない方もいるかもしれません。
その場合は、支払い済みの金額より施術済みの回数分の料金を差し引き、残額の10%(上限2万円)を引いた金額を返金してもらえます。つまり、支払い済みの残金の1割(上限2万円)が、手数料として引かれることになります。(手数料などはサロンにより異なる)
なので「出産後海外に渡航する予定がある」などの、どうしても脱毛に通えなくなる事情がない限りは「休止→再開」を考えた方が良いと言えます。

 

出産を終えた脱毛再開のタイミングは?

無事、出産を終えて体調が落ち着いたら、すぐにでも脱毛を再開したいという方も多いでしょう。しかし、再開まではもう少し待った方が良いとされています。

 

・妊娠出産後に脱毛を再開するポイントとは?

脱毛再開のタイミングにはさまざまな意見がありますが、もっとも安心なのは「授乳期が終わってから」とされています。出産すればすぐにホルモンバランスが妊娠前と同じ状態に戻るわけではなく、授乳期の間もホルモンバランスが変化し続けているケースがあるのです。
ホルモンバランスが戻らないうちは肌トラブルに繋がりかねません。サロンに妊娠を伝えた際にも「授乳期が終わってから再開しましょう」といわれることが多いようです。

 

妊娠中のムダ毛処理の方法や注意点

妊娠中は脱毛に通えないとなると、まず「その間のムダ毛をどうしよう?」と考える方も多いようです。本来であれば、肌も敏感になっている妊娠中は「何もしない」がベストですが、マタニティフォトを撮ったりするなどでどうしても自己処理が必要な場合もあると思います。ですので、ここでは妊娠中のムダ毛処理の注意点についてご説明します。

 

・ムダ毛の自己処理の注意点

1.少しでもかゆみや刺激があれば、自己処理は中止

妊娠中は肌が敏感になりますから、何もしていなくても肌にかゆみが出るなどトラブルに悩まされる方も少なくないもの。普段から肌荒れしている部分やかゆみを感じる部分の毛を、無理に処理するのは控えましょう。

 

2.剃るならカミソリで直接ではなく、電気シェーバーを使用

「赤ちゃんに刃を向けているみたいでちょっと怖い」声もあるように、妊娠中にカミソリを扱うことには抵抗がある方も多いはず。刃物を持って剃るよりは、安心な電気シェーバーを使って剃るのがおすすめです。肌の表面を必要以上に削り取ってしまう心配も少なくできるため、肌トラブルの不安も抑えられます。

 

これから妊娠を考えている人のサロンの選び方!

妊娠・出産を近い将来に考えている方の場合、脱毛するサロンの選定にも気を付けるポイントがあります。ここでは、妊娠を予定している方のサロン選びについてご紹介します。

 

・妊娠を考えている場合のサロン選びのポイント

まずは「妊娠したらすぐ施術をお休みさせてくれるサロン」を選びましょう。とはいっても、今ではほぼすべての脱毛サロンで妊娠したら休会できるシステムが設けられていますから「妊娠したら即退会」なんてサロンはまずありません。
ですので、選ぶポイントとしては、「万一解約になった場合、きちんと返金対応について明示されているサロン」が最も重要なポイントになります。「通えなくなったら、残金の返金にも応じてくれなかった」というサロンを選ばないよう注意しましょう。

 

・妊娠とサロンの対応について

上の項目でご紹介したポイントを押さえつつ、妊娠中の身体を気遣って適切なアドバイスをしてくれるサロンであれば、文句なく信頼できるでしょう。出産してからまた通えるようになれば通い続けたくなるでしょうし、お母さんになっても長いお付き合いを続けられるサロンになるかもしれませんね。